AVの影響に注意!早漏の人にありがちな落とし穴

cats

こんにちは、早漏丸です。
今回も、質問に答えていきたいと思います。

【質問】
挿入して、3分前後で射精してしまいます
早濡の原因は何ですか?
克服はできるのですか?

【回答】
結論から言うと、早漏は克服できます
ですが、ある日突然早漏を克服する、ということはほぼ不可能です。

早漏を直すには、ある程度の努力が必要です。

例えば、毎日、ポテトチップスとポッキーを食べながらテレビを見て、コーラをがぶ飲みして運動もせず にダラダラしている人に運命の日が訪れて、何もしていないのに筋肉ムキムキになっている。

potatochips

こんなことはあり得ませんよね、なのでやることはやらなければならないということです。

早漏を克服するには、しっかりと早漏の原因を見つめて対策を取ることが必要です。

ここで問題になるのが早漏の原因です。

早漏の原因で考えられることは沢山あります。

その日のメンタルや体質など数々の要因が組み合わさった結果の早漏なのか、今はまだ成長の過程で一時的に早漏なのか、貴方の早漏の原因が分からないので、今回は多くの方に使えるベターな早漏対策をお伝えします。

早漏対策には、大きく2種類のアプローチ方法があります。

まず、射精する時のきっかけを考えていきます。

その1、外的刺激
挿入やピストンなどの肉体の外的刺激による物

その2、興奮性の内面刺激
始めてセックスをする時や普段と違う状態でのセックスなどの盛り上がるような場面で内面から沸き起こる刺激

男はこの2つの高まりによって射精します。

勃起している時点で興奮はしているのではないか?と聞こえてきそうですが、彼女との始めてのセックスと付き合ってから、1年後のセックスでは興奮度が違うと思います。

勃起したからもうそろ射精する、というわけではないということは理解されていると思います。

AVに洗脳されている可能性あり

cats

突然ですが、貴方の考えるSEXってどんな流れですか?

普通ですよ、ごく一般的なSEXの流れです。

電気を消す→キスをする→愛撫→濡れてきたところで挿入→女性が先にオーガズム→射精

ざっくり言えばこんな感じでしょうか?

ところがAVやエロ漫画のSEXの流れときたらアブノーマルなシーンや自分勝手なシーンばかり。

こんな媒体でオナニーを続けるとあなたの脳は「女の子をイかせた後に射精する」という考えがなくなり、変態的なシチュエーションのせいで興奮がうまくコントロールできない状態になっています。

たとえ女の子がイク前でも、好きな時に射精してしまうのが当たり前になってしまいます。

我慢ができなくなってしまいます。

そういった人は、普段のオナニーは自分が快感を得るために行うものですが、その考えを捨てて、なるべく想像だけでオナニーしてください。

そして想像の中では相手をイかすことを考え、相手がイってから射精することを心がけましょう。

そんなオナニーはつまらないかもしれませんが、直すためだと思ってください。

普段からオナニーでこういった方法を癖づけるだけで、劇的に変化します

AVを参考にしてはいけない

AV男優のように長くもたなくてはいけない、女性を満足させなくてはいけない

と、思い込んでいる可能性があります。

もし少しでも思っていたのなら、考えなくても良いです。
AVはあくまでもパフォーマンス。

相手もあえぎまくったりイったりしていますが、AV女優なので、いくらでも自分でコントロールできます。

セックスパフォーマンスのプロです。

特に気持ちよくなくてもあえぎまくるし、オーガズムをコントロールすることも可能です

ちなみに、これは風俗嬢にも同様のことが言えます。

たまに風俗嬢の反応を参考にする人がいますが、やめておいたほうがいいですね、

こちらを喜ばせるために演技をしてくれていることが大半なので。

あと、AVでは後戯が一切ありませんが、あれもAVを観ている男性のためなので参考にできません。

極力、横にいたり、頭をなでたりしたほうがいいですね。

早漏男性を相手にするAV

最近だと、男性が早漏だという設定でHをするAVも多くありますよね。

ああいったAVで、女優が「我慢して!」などと言いながらペニスをしごき、射精してしまうシーンがあります。

それを観て「我慢できるわけがない」と思いますが、当然ですよね。

そういったAVは早漏の男性をターゲットに興奮するようにつくられていますからね。

なんにせよ、脳はAVやエロ漫画の影響を受けている可能性が高いということですね。

セックスで一番重要なことは?

他にも早漏を対策する方法は山ほどありますが、一番重要なのは、女性を満足させてあげることです。

そして、「自分は早漏だからダメだ」とか「女性が怖い」とならないように、早漏に重きを置きすぎないことが大切ですので、気にしすぎないようにしましょう。

 

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ