雑誌の裏に書いてある薬は早漏に効果あるの?【現役医師に聞いてみた】

cc-library010010296

質問

こんにちは、早漏丸です。

今回は、現役の医師に質問してみました。

医師の意見に興味がある人は読んでください。

Q.女の子のアソコにいれてからすぐいっちゃいます・・・。2分持ちません、どうしたら良いでしょうか。

また、雑誌の裏やネットの広告にあるような早漏の薬は効果ありますか?

あと、ちんちんを冷やすスプレーは効きますか?

そこらへんに書いてある早漏克服薬の広告に確固たるエビテンスは存在しない

薬に関してですが、どの薬のことか定かではありませんので明確なお答えはできませんが、基本的には雑誌の裏やネットに書いてある広告に確固たるエビデンスは存在しません。

早漏というのは医学の世界において、真剣に議論されている分野の1つですから、劇的に効く夢のような薬があれば、大手の製薬会社が飛びついてすでに製品化されているものと思われます。

病院で処方される薬の成分を含んだものを配合した薬も中にはあると思いますが、そうした薬は副作用のリスクがあります。

中にはうつ病の薬もあり、安易に素人が自己判断で飲むことで最悪の場合命を落とすこともありますので、きちんと調べて購入しましょう。

薬以外に早漏を改善する方法

早漏の治療方法は行動療法と薬物療法があります。

行動療法としてはセマンズ法、スクイーズ法といったものが有名です。

いずれも射精しそうになったら我慢するというトレーニングです。その他、腰の振り方にも工夫のしどころがあります。

セックスの多くは男が動くのですから、がむしゃらに腰を振るのではなく、いろいろな動かし方をためしてみてください。

奥に入れた状態でゆっくりと動く方法でも、女性を感じさせることはできます。
また、亀頭がしっかりしている方は浅めにピストンしてGスポットを刺激することもできます。

筋力トレーニングでもひとつの方法だけではすぐ疲労してしまいますが、方法を組み合わせることでより質の高いトレーニングになります。

セックスも同様です。
いろいろな動きを組み合わせて時にはとまって射精を我慢する、そういう努力が早漏改善に結びつきます。

お医者さんの視点での冷却スプレーの効果

冷却スプレーに関してですが、勃起というのは血流の増加によって起こります。

陰茎に流入する血流が増加し、陰茎から出て行くルートが途絶える状態を保つことによって勃起は維持されます。

冷却スプレーによって冷やすことで、感度がよくわからなくなり多少長持ちすることはあるかもしれませんが、そもそも冷やしてしまうと血流が落ちてふにゃふにゃになってしまう懸念があります。

また、膣内は温度が高いので、すぐ冷却効果はなくなってしまうので、あまり意味がないと思われます。

感度を下げる薬としては塗り薬が市販されています。
表面に効くタイプの麻酔薬で、キシロカイン(リドカイン)といった局所麻酔薬が入ったものです。

これを性行為の30分程前に陰茎に塗り、コンドームもしくはラップをかぶせて待ちます。

時間が経ってから、コンドームのまま、またはつけない場合はしっかり拭き取ってから性行為を開始してください。
感覚が低下しているので、すぐに射精することを防ぐ効果があります。

 

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ