アダム徳永の早漏克服講座【レビュー】

こんにちは、早漏丸です。

今回は、スローセックスを提唱したことで有名なアダム徳永の早漏克服講座 を購入したので、レビューします。
あだむぱっけーじ

ディスク三枚組で構成されています。

視聴時間275分
あだむでぃすく

スローセックスの大切さを語る

cats

スローセックスを提唱したアダム徳永にとって、単なるセックスは男性が喜ぶだけのものであると言います。(これをアダム徳永は、ジャンクセックスと言う。)

ただ闇雲に長時間セックスをすればいいのではなく、重要なのは女性を満足させることができるかであり、射精コントロールができず、女性を本当に満足させていないのならば、それは全て早漏だと言います。

覆面座談会

2016-01-06 (1)

顔の見えない推定30~40代の一般女性ら(?)とアダム徳永が早漏をテーマに会話するシーンがあります。

そこでは、「早漏だと物足りない」、「早い人とは付き合わないようにしている」などと、早漏に対しての不満が色々と語られています。

快感ゾーン、射精ラインの存在

cats

アダム徳永は男性の興奮の度合いを快感ゾーンと射精ラインという言葉を使って説明しています。

射精ラインを越えてしまうと、抑えきれなくなってイッてしまうということです。

つまり、これらをうまくコントロールすることによって、早漏を防ぐのです。

SKPの教材で言う興奮メーターや、AV男優スパーキー佐藤の教材の興奮レベルと同じようなものですね。

基本的な早漏の仕組みを解説

cats

早漏対策に関するトレーニング方法、呼吸法、射精しやすい体位、早漏と自律神経との関係を解りやすく説明してくれます。

これらの点については、ほぼ全ての教材が同じような方法や説明をしてくれています。

早漏は交感神経と副交感神経が関わっているという話は、もはや早漏で悩んでいる人にとっては、常識の知識ですね。

成瀬心美とのヴァーチャルトレーニング

cats

この教材はDVD三枚組なのですが、その二枚目は全て成瀬心美とのヴァーチャルトレーニングが出来る映像ですね。(約1時間半)

・ローリング愛撫法
・亀頭エッジ愛撫法
・指絞り愛撫法
・バイブレーション愛撫法

それぞれのトレーニング法に伴った方法で成瀬心美がペニスのおもちゃとローションを使って協力してくれます。

内容が他のAVと比べるとさほど興奮できるようなものではないのでこれに関しては微妙といったところですね。

三枚目は実際に成瀬心美がSEXするシーンがあるので個人的にはそっちの方がトレーニングのしがいがあると感じました。

成瀬心美が大好きな人にはいいでしょう。

気の存在を知る

cats

アダム徳永が一番熱く語るのが、「気」の存在です。
体内にある「気」をコントロールすることによって、早漏は完全に克服できるうえに、SEXも上手になると語ります。

男性は、性的な刺激を受けると、下腹部に気(性エネルギー)がたまると言います。

例えば、女性に挿入する前にイッてしまう感覚は、女性の子宮の中にある陰のエネルギーと男性のペニスあたりにたまっている陽のエネルギーが近づいてスパーク(性エネルギーのスパーク)するからだとアダム徳永は熱弁します。

早漏で、「接せず漏らす」という人はこれが原因とのことですね。

無駄な部分が多い

もっと短く、簡潔に解説できるシーンが多いなと、感じました。

・成瀬心美が男性のオナニーを実況する

成瀬心美が男性がオナニーをする風景を見て実況するシーンがありますが、これに関しては何の意味もないですね。

アダム徳永は「心美さん、新しい経験ということで男性のオナニーを見て下さい。」と、言って成瀬心美が「恥ずかしいですが、やってみます」と返事する場面があります。

成瀬心美は僕ですら当たり前のように知っているバリバリの大人気プロAV女優。

そんな経験は5万としてきています。
やり取りすら無駄ですね。

・トレーニング方法の解説が長い

解説が長い方が解りやすいと言われれば解りやすいのですが、紹介されているトレーニング方法はかなり簡単なものなので、長々と解説する必要がありません。

cats

例えばこのシーンは、亀頭を強化するトレーニング方法を実践しているのですが、男性を二人も使って解説する必要はないし、説明が長いです。

アダム徳永自身がペニスのおもちゃを使って解説してくれるだけで十分です。

こういう無駄なカットのおかげで値段が上がるので消費者側としては損した気持ちになります。

・女性の意見

一般女性(?)が早漏に関して話し合う覆面座談会の部分も必要ないんじゃないか?と思います。

この教材を買う人は早漏を克服したいがために買っていると思うので、あえて「早漏は駄目だ」だとか、「早漏は女性に嫌われる」ということを強調するようなシーンを入れなくてもいいんじゃないかと個人的には思いましたね。

他にも「街で聞いた嫁の本音」など早漏に対して低評価している感想をちょくちょく映像の途中でいれてきて、あたかも日本の全ての女性が、早漏を軽蔑しているかのように思わされます。

それらを観て「世の中の女性はこんなに気にしているのか、頑張ろう」となれればいいですが、僕は「やっぱり早漏はだめなんだ」と、余計に落ち込まされました。

・女性側の早漏対策レッスン

三枚目では、成瀬心美が実際に男性に愛撫やSEXをして早漏対策に関して解説していくのですが、そのほとんどは女性側が早漏のパートナーに対して、すぐ射精をしないようにコントロールする方法が解説されています。

女性側がこれを観て早漏のパートナーのために学ぶのはありかもしれませんが、男性がこれを観たところであまり意味をなさないのでは?と思います。

ただ、パートナーに正直に「自分は早漏だ」ということを伝え、「この方法でしてくれれば射精しにくいからしてほしい」と言えれば別ですが。

総合評価

無駄な部分が目立ちましたね。

あと、どうしても僕には「気」の存在について納得できません。

アダムの早漏克服の本を読んだ後にこのDVDを見たのですが、やはり理解できませんでした。

早漏対策に関して基本的なことは解説されているので最悪とまではいきませんが、「気」の存在に関して理解できないとこの教材の意味がないのでアダム徳永が好きな人は買うのはありかもしれませんが、アダム徳永に対して何も思わない僕はこれで早漏を克服するのはきついと感じました。

「心美さん、両手で空気を丸めるようにすると、何かてのひらに熱いものを感じませんか?」
と言う場面で成瀬心美が実際に手のひらで空気を丸めるようにすると「ほんとだ熱い、すご~い」と答えます。

成瀬心美がアダム徳永に合わせて言っているだけかもしれませんが、本当に熱い何かを感じた可能性もあります。

僕もやってみましたが、何も感じませんでした。

正確に言えば、成瀬心美は熱い何かを感じた「気がした」のでしょう。

要するに思い込みです。
その一点に意識しすぎることによって、本当に熱い何かがあるのではないかと思い込んでしまっているのです。

この部分をアダム徳永は「気」と表現して、オリジナリティを出しているのです。

要するに、アダム徳永のいう「気」とは『意識』、そして『思い込み』のことでしょう。

しかし、思い込みの力は時に凄い力を発揮するので、バカにはできません。

アダム徳永の言う「気」を思い込めた人は本当に早漏を克服してしまうでしょう。

なのでこの教材で早漏を克服することが出来るかどうかは、アダム徳永や、アダム徳永の言う「気」に対していかに信用できているかで大きく分かれるでしょう。

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ