【悪用厳禁!マルチプルオーガズム】早漏が射精せずにイク方法

こんにちは、早漏丸です。

今回は、今まで解説してきたようなオーガズムを抑えるための早漏防止トレーニングとは全く別の方法です。
cats

これは何回もオーガズムを感じつつ射精しないというものです。
つまり裏技です。

しかし、習得するまでにかなりの時間がかかりますし、間違ったことを覚えてしまうと危ないので早漏に無知な人や知識が中途半端な人、早漏の悩みが深すぎる人は参考程度にするか、見ないようにしてください

マルチプルオーガズム(ドライオーガズム)

貴方は、マルチプルオーガズムを知っていますか?
射精しないでイク感覚をあじわうことができるものです。

射精していないので、何回でも感じることが出来ます。
最強ですね。

例えば、貴方はあくびをしたことがありますよね?

あくびをするのと口を大きくあけるのは2つで1つですが、口をあごの筋肉で強制的にしめればしまりますよね。

これと同じで、PC筋で無理やり射精を抑えれば、イク感覚だけ味わって射精せずにすむことができます。

これがマルチプルオーガズムです。

しかし、実際にこれをSEXで使うとなるとかなり難しく、間違ったトレーニングをしてしまい、ただ単にペニスを痛めつけてしまう場合もあるので注意が必要です。

強いPC筋が絶対条件

マルチプルオーガズムを習得するにはかなり強いPC筋が必要です。

21日間程度、毎日PC筋をきたえなくてはなりません。

おしっこをするときにぴくぴくする場所がPC筋です。
先ず座って、おしっこを止めるときのように、お尻の穴がぎゅってなったときのそこの感覚がPC筋です。

そのPC筋を1、2秒絞めるのを1セット20回 これを一日3セットしてください。
このトレーニングはご飯を食べているときでも電車の中でもできるので良いですね。

射精を抑え込むトレーニング

次は射精を強制的に抑え込む方法です。
ただこれは興奮をある程度コントロールできる人でないと習得するのは極めて困難です。

三擦り半の人や、ゴムをつける時にイってしまう人、布団がこすれただけでイってしまう人はSEXや女性に対しての不安や緊張、恐怖心や興奮度が通常の人より高く、それらが早漏の原因になっているのでまずはそれらをコントロールできるようにならないと、難しいです。

PC筋で興奮を下げる感覚を覚える

pc筋肉そのもので興奮のレベルを下げます。

1.深呼吸をして気持ちをリラックスさせる

興奮してきたら大きく深く呼吸をすることを意識してください。
早漏の人は呼吸が浅かったり、ペニスに意識しすぎて止まっていたりします。

2.ローションを使い、ペニスを刺激していく

3.ある程度勃起してきて、自分なりに「興奮してきた、やめたくない」と思うところでPC筋を締め、射精感を弱くし、勃起はしているが、ある程度落ち着いている2段階まで落とす。

ここで注意するのは、勃起と興奮です。

勃起しているからといって興奮しているわけではないし、興奮しているからといってギンギンに勃っているわけでもありません。

「興奮してきた、辞めたくない」というのも、「絶対やめたくない」「もう射精寸前だ」といった状態ではなく、興奮して良い感じのときの状態です。

4.ある程度落ちたら、もう一回3をする。

5.3で感じた「興奮してきた、辞めたくない」より一段階興奮度をあげ、PC筋を締め、射精感を弱くし、興奮はしているがある程度落ち着いている部分まで落とす。

それができれば次は二段階目にあげて締めて弱くして勃起はしているが、リラックスした状態まで落とす。

その次は三段階目まで興奮度をあげ、またPC筋で締めて落とし、次で射精。

興奮段階は自分で1~10程度に分けて調整するのが良いです。

例えば

1:萎えた状態
2:通常状態
3:妄想状態
4:半勃起状態
5:勃起状態
6:勃起+興奮状態
7:ギンギンで激しく興奮した状態
8:射精寸前状態
9:もう射精から逃げられない状態
10:射精状態

こんな感じで自分なりにイメージしてください。

9は、男性のみなさんならわかると思いますが、「もう駄目だ・・・出る!!」というポイントです。

大地震が起ころうが、隕石がふってこようが止められない状態です。

分かりますよね?ここまで来てしまったら何があろうが数秒後に射精します。

この段階を必ず覚えておいてください。
この9の段階に入った瞬間に、PC筋をとにかく思いっきり締めてください。

すると、射精せずともオーガズムを感じることが出来ます。
これがマルチプルオーガズムです。

ここでこらえきれずイってしまっても落ち込まないでください。
これを一発で成功させる人は中々いません。

PC筋はブレーキ

PC筋というのは自転車や車についているブレーキみたいなものです。
例えば自転車をこいでいるとき、「ちょっとスピードがですぎたな」と思ったら、ブレーキをかけるのと同じです。

そのように、射精感を抑えて興奮レベルを調節するのがPC筋です。

射精を抑えきれずに出てしまった場合の考えられる2つの原因

1.興奮レベルをコントロールする感覚がまだうまく身についていない

早漏の人は大体、自分の興奮のレベルをコントロールできてません。

大体は一気に射精まで向かってしまっているのが原因なので、ゆっくりと段階を上げていく感覚に慣れましょう。

2.PC筋がまだ弱い

どれだけ上手に自分の興奮の感覚をコントロールできるようになっても、PC筋が弱いとマルチプルオーガズムは不可能です。

上記であげたPC筋トレーニングをして強くなるまで鍛え上げましょう。

マルチプルオーガズムに成功したのに何か物足りないのは?

初めてマルチプルオーガズムを体験したとき、「射精し損ねたな、こんなことなら普通に射精したい」という気分になる場合があります。

しかしそれは、マルチプルオーガズムを経験した人は初めはだれもが思うことです。

マルチプルオーガズムに慣れだした頃から、普通以上の快感を得ることが出来るようになります。

僕の感覚では普通のオーガズムだと5秒程度のところ、10秒程度、感じます。

SEX時の注意点

マルチプルオーガズムを使用しても、興奮のレベルは一瞬さがります。
大体、数十秒から1,2分は若干柔らかくなるので、覚えておいてください。

しかし、射精はしていないのでまたビンビンに勃起します。

マルチプルオーガズムは初めて乗ったときの自転車と似ています。

初めはうまく乗れず、こけたりしますよね?

マルチプルオーガズムもそれと同じで覚えるまでは何度も射精を抑えきれないことがあると思います。

しかし、毎日PC筋トレーニングをし、脳の興奮を完全にコントロールできるようになれば、成功する日がきます。

これを覚えて、貴方のSEXライフがいいものになることを願ってます。

やりすぎ注意

マルチプルオーガズムにハマりすぎて、オナニーやSEXでオーガズムを1日に何十回も感じる行為は、男性ホルモンを過剰に分泌させ、最悪の場合死んでしまうことになるので辞めておきましょう。

あと、ネットでの噂ですが、マルチプルオーガズムのしすぎで自律神経がおかしくなってうつ病になったケースもみられるようなので、マルチプルオーガズムを習得したとしても適度に利用するようにしてください。

マルチプルオーガズムを極めたAV男優

プロAV男優、森林原人はこのマルチプルオーガズムを独自の方法で極めています。

森林原人は、この方法をドライエクスタシーと名付けています。

森林原人というAV男優は、顔を見れば誰でも知っているAV男優です(笑)

森林原人独自のマルチプルオーガズム方法は、テレビ番組でも紹介されていますね。

↓実際の映像はこちら

これを無理やり真似をしたAV男優、しみけんは、似たような方法を練習しすぎてなぜか鼓膜を傷つけたようです

このように、決して普通ではないこの射精コントロール方法。

安易に使用するのは避けたほうがいいかもしれませんね。

プロAV男優くらいの覚悟がないと、乱用は怖いかもです。

普通の手段で、早漏を短期間で克服
したい方はベテランAV男優が教えてくれる早漏克服商材を参考にしましょう。

 

 

 

早漏改善に役立つサプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

ヴィトックス早漏文 ヴィトックス早漏文2

公式ページはこちら↓ VITOX-α

早漏丸によるヴィトックスα体験談はこちら

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ