勃起する前に射精してしまう早漏の治し方

こんにちは、早漏丸です。
cats

今回は、勃起しなくとも射精をするメカニズムに関して説明します。

勃起しなくても射精する?

本来なら、ビンビンに勃起している方が、すぐ射精してしまいそうになりそうなものですが、信じられないかもしれませんが、勃起している時、脳はどちらかといえばリラックスしている状態なのです。

脳がある程度リラックスした状態でないと、勃起しないのです。
これは、自律神経が関係しています。

早漏で悩んでいる皆さんなら一回は聞いたことがあると思いますが、早漏と関係している、交感神経副交感神経という、自律神経がありますよね。

簡単に言えば

交感神経→興奮、緊張している状態のときに働く
副交感神経→リラックスしている状態のときに働く

ですよね。

この副交感神経が働いているときに、勃起して、交感神経が強く働いているときに射精するのです。

例えば、演説や、会社のプレゼンの時、勃起しませんよね?
これは緊張しているためです。

例えば、山で熊に遭遇したとします。
不安や恐怖を感じ、絶対勃起なんてしないと思います。

このとき、交感神経が強く働いているんですね。
同じように射精もしないと思うかもしれませんが、射精はする場合はあるんですね。

「怖すぎておしっこちびった」こんな経験ありませんか?

人間は極度の恐怖や、緊張を感じたときに失禁してしまう場合があるのはご存知かと思います。

このメカニズムと似たような感じで、極度の緊張や興奮で、勃起せずとも射精する場合というのはあるのです。

これは「遺精」とも呼ばれます。

早漏の人で、十分に勃っていないのに射精した経験のある人はいませんか?
それは、完全に勃起する前に、交感神経が強く働いてしまったためです。

ビンビンにフル勃起する前に、興奮しすぎていたり、緊張しすぎていたりで射精してしまったのです。

つまり、勃起の延長線上に、射精があるというわけではないということですね。

と言うことは、早漏れと言うのは、交感神経、つまり、「興奮や緊張、不安を自分でうまくコントロールすることによって対策できる」ということなのです。

勃起力と早漏は関係がある?

勃起力がある方が、早漏になりにくいという人がいますが、あながち間違いではありませんが、正解でもないですね。

勃起しているときはリラックスしていることはしていますが、興奮もしています。

「勃起力」にこだわるより、いかにリラックスできるかにフォーカスをあてた方が良いでしょう。

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ