マキロンやムズメンだけでは早漏は一生克服できない

無題

質問

こんにちは、早漏丸です。

質問に答えます。

Q.ペニスポンプを使うと早漏改善にも効果を期待できそうでしょうか?

ポンプで早漏を治すことはできない

images

僕自身、早漏を治すためにポンプを使ったことはありませんが、恐らくポンプで早漏を治すことはできないでしょう。

そもそも、ペニスポンプというのは、性器増大のためにつくられた商品ですので、早漏には効果ありません。

ポンプで吸引することによって血液が溜まるから刺激に強くなって性器も大きくなり、早漏も治るという意味で、早漏克服のためにポンプを勧めてくる業者もいそうですが、ポンプで早漏が治るというのは、こじつけに等しいでしょう。

刺激に強くなるなりたいならオナホールを使った方がまだいいですね。

ペニスの刺激対策ばかりにこだわってはいけない

早漏の人は、早漏を治すために塗り薬やスプレーなどを使ったり、悩みが深い場合、手術を受けることを考える人が多いですが、塗り薬を使ったことのある僕からすれば、刺激対策物はあまり意味がないうえにSEXするたびに使用しなければなりませんし、使っていることが相手にばれるとマイナスなイメージをもたれます。

使用している時は効く人もいるみたいなのですが、常時、麻痺薬を使っている人は何も塗っていなかったりスプレーを振っていない状態のペニスの弱さが人一倍です。

塗り薬やスプレーに慣れていて、通常状態のペニスが全く鍛えられていないのです。

これから何年、何十年も早漏と付き合っていくと考えると塗り薬やスプレーをSEX時、常に使用していくとなると金銭的にも、ペニスにも良くありません。

なので、僕は塗り薬やスプレーをオススメしません。
刺激に弱い人は経験でどうにかなります

刺激に慣れるにはオナホールで鍛えるのが最適です。
しかし、このオナホールに慣れ過ぎると次は遅漏になってしまうので注意です。

「ある程度経験したのにまだ弱い」「オナホールでも無理」と言う人は、刺激に問題があるのではなく、「脳の興奮」に問題があります。

脳の興奮にフォーカスをあてて、興奮をコントロールするトレーニングをしましょう。興奮コントロール法

早漏に悩みすぎて落ち込んでいるタイプの人へ

早漏のせいで人生が狂った」と考えるくらい落ち込んでいて、生活に支障をきたしていたり、女性に消極的になってしまっている人は結構いますね。

そういった人はSEXや女性に対してかなりネガティブな考えを持ってしまっています。

脳内のセロトニンが不足していて、SEXでは過度に緊張や不安、興奮を感じてしまっています。

なので、SEXや女性に対してポジティブな考えになれるように、徐々に改善していくことが大切です。

SSRIなどの抗うつ剤を飲んだり、手術に手をだしてしまいがちなのですが、個人的にはあまりオススメできません。

抗うつ剤は、その瞬間は効くかもしれませんが、ずっと使っていると身体が慣れてきて、効かなくなってきます。

そのうえ、無い状態になるとひどく落ち込んだりしてしまうなどの副作用があるのでずっと使うのはかなり悪影響です。

手術は、治る場合はありますが、刺激に慣れるのは経験でなんとかなりますし、治らなかった場合、「多額のお金だけが無くなった」と言うことになってしまいます。

そして、「手術を受けたのに・・・。」という嫌な感覚だけが残り、また落ち込んで早漏を悪化させてしまいます。

そういった人は、早漏になったきっかけや、女性に対してのイメージなどを考えてみてください。

早漏で悩んでいる人は、「女性は素晴らしいもので、絶対にイカせなくてはいけない」などの固定観念を持っている場合が多いです。

早漏でない人というのは、「早く射精する」ということに関して先ず悩んだりしません。
それは人より亀頭が強いわけでもないし、興奮をプロレベルでコントロールできているわけでもありません。

遅漏の人も同じです。
早漏や遅漏で悩んでいない人というのは、射精するのが早かろうと遅かろうと、「どうでもいい」みたいに思っているのです。

「射精するかどうか?」といった、射精に関して興味がないんですね。
僕の友人で遅漏よりの人がいますが、SEXの際、射精しないことの方が多いらしいです。

それを聞いて、僕もびっくりしました。
しかし、その友人にとっては別に大した問題ではないそうです。

細かく話を聞くと分かったのですが、その遅漏よりの友人はSEXで毎回、女性をイカすことができているようです。

だから遅漏であろうと、そのこと自体に全く悩んでいないのです。

なので、女性を満足させることができれば早漏であろうと遅漏であろうと問題ないのです。

女性を満足させれば問題ないが・・・

「女性を満足させれば問題ない」とは言うものの、簡単に満足してくれる女性が相手なら良いですが、中々そうはいかない場合もありますよね。

そういった女性を満足させるには、その女性の性感帯を見極め、セックステクニックを勉強したりするしかありません。

ただ、「そこまでする必要があるのか?」と、考えることもできます。
早漏で落ち込んでいる人は特に「女性を満足させなくてはいけない」という考えが普通の人に比べて圧倒的に強いです。

そのことで悩むことは素晴らしいのですが、考え過ぎるとかえってストレスになるので、もう少し肩の力を抜いても良いですね。

「早漏はダサいから治さないといけない」「満足させないと嫌われる」こういった焦りの気持ちがかえって早漏を悪化させている原因になります。

普段からリラックスすることを心がけてください。
早漏に重きを置きすぎないことが大切です。

そして徐々に、女性を満足させることができるように頑張りましょう。

 

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ