早漏は恰好悪い?悩む男性へ朗報!

こんにちは、早漏丸です。
cats

大きな違いは、気にしているか?気にしていないか?にある

世の中には、早漏で悩む人は5万といますが、早漏に悩んでいない人との大きな違いは何なのか?考えました。

早漏で悩む人と悩まない人の大きな違いは、早漏のことを気にしているか否かにあります

早漏の人は、自分の早漏に悩んでいて、早漏でない人は、自分が早漏であっても悩んでいないのです。

要するに、気にしているか気にしていないかなだけの場合があるということです。

それを考えると、「女性のために早漏を克服しなきゃ・・・」と思って治そうとしている人は偉いかもしれません。

逆に、早漏なのに、何も思っていない人は、特に相手を満足させることに必要性を感じず、ただ単に「自分だけが気持ちよくなればいいや・・・。」という考えです。

挿入時間が短めではあるが、相手を満足させている場合は早漏のうちに入りません。
何故なら、女性が満足感を得ているので、早漏であろうとも気にならないのです。

ただ、「自分だけが満足すればいい」というタイプの早漏の人は、本気で早漏に悩んでいる人の敵と言っても過言ではありません。

何故なら、早漏のイメージをよりいっそう悪くさせているからです。

本気で早漏を克服しようとしているタイプの早漏の人でさえ、悪い評価をされかねません。

この記事でも述べていますが、相手の女性のことがどうでもいいタイプの早漏のおかげで「早漏は大切にしてくれていない感じがする」「早漏の人は、私のことがどうでもいいから早い」などと思われてしまうのです。

自己中心的な早漏がいるから、早漏はダメな男だという印象が世の中で定着し、ネタにされ、そのネタを見たり聞いたりした本気で早漏に悩んでいる男性が、今よりもっとひどく悩んでしまうのです。

早漏で悩む貴方は素晴らしいという結果に

「自分が気持ちよくなれば問題ない」と思っている男性に比べると「早漏を治して女性を喜ばせたい」と思っている男性は素晴らしいと思います。

ただ早漏は、生物界では当然なこと。
感受性が高いだけであって、コントロールさえすれば克服できます。

「早漏=ダメ男」などと悩むのではなく、ペニスを鍛える感覚になってください。

筋トレをする感覚です。

「早漏を治す」などと、病気を治す風に考えるのではなく、あくまでも筋トレをするような感覚でペニスの持続時間を伸ばすようにしましょう。

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ