早漏克服のために裏筋を切るのは?

こんにちは、早漏丸です。
cats
ネットを拝見していると、「早漏を克服するために裏筋を切ろうとしている」人が結構多く、ひどい場合だと切ってしまっている人がいますね。

そのことについて答えます。

絶対にやめておきましょう

早漏を治すために裏筋を切るのは、辞めておきましょう。
切ったところでほぼ治りませんし、逆に敏感になるケースもあるようです。

お医者さんに頼んで、神経を切ってもらって早漏を治す方法もあるようですが、かなり難しい手術なので、お医者さんもその手術をする気にならないようです。神経遮断手術の詳細

ペニスの神経を薬で麻痺させるならまだしも、神経を遮断することは考えない方が良さそうです。

そもそも、裏筋を切ったり、神経遮断の手術を受けるまで早漏で悩んでいるなら、しっかりした病院に行ってカウンセリングを受けてください。

それでも「カウセリングも頼りにならないし、一生治らないな」と思った場合でも安心してください。

早漏を治す方法というのは千差万別ではあるものの山ほどあります。
なので、神経遮断や、裏筋を切ることだけは避けましょう。

ちなみに、「裏筋を切るとチンコが大きくなるんじゃないか!?」と、考える方もいます。
悩みすぎると、常人ではあり得ないと分かっていることもやってしまいそうになるので注意ですね。

早漏に悩みすぎている人がやるべきこと

裏筋を切りたいくらい早漏に悩んでいる人というのは、早漏で悩みすぎて日常生活にも支障をきたしていることかと思います。

そういった、早漏に悩みすぎている人がやってはいけないことの一つは、トレーニングをするとき以外は早漏で悩まないことです。

これはかなり難しいことのように感じますが、我慢してください。
仕事中などに悩んでしまうとそちらに手がつけられなくなり、成績が落ちてしまいます。

そうなると給料が減ったり、上がらなくなったりしますよね?
なので、極力考えないようにしましょう。

ただ、トレーニングをするときは全力で悩んでください。

次に、SSRIなどの薬は極力、使わないことです。
SSRIなどの抗うつ剤は、吐き気や頭痛、腹痛などの副作用が凄く、場合によっては死にたいくらい落ち込むケースがあるようです。

それに、薬は使えば使うほど効果が薄れてきますし、量が増える一方なので金銭的にも良くありません。

薬を飲んでも一時的に効果はあっても一生効くわけではないので、手を出さない方が良いです。

ただ、「この薬があれば、大丈夫だ」と言った感じで、お守りのように持ち歩くのはありです。

その薬を常備しているおかげで安心感を得ることが出来るので、早漏が引き起こされにくくなります。

薬や裏筋を切る前に、一度、健康的に、自宅で治す方法を試してみるのが良いでしょう。

 

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ