早漏は遺伝なの?

こんにちは、早漏丸です。
l_245

早漏は遺伝なのか?調べました。

早漏は遺伝な場合あり

自分の早漏は遺伝なのか?確かめるために自分の父親に「ねえ、お父さんって早漏なの?」などと、中々聞けないと思います。

しかし、早漏は遺伝である場合があるということが、2008年、オランダのユトレヒト大学の研究ですでに明らかになっているので、お父さんに聞く必要はないですね。

凄く簡単に言えば、早漏の男性は早漏でない男性に比べるとセロトニンの分泌量が少なく、遺伝子レベルの問題なので子供に遺伝する可能性があるとのこと、

「なるほどな」と言った感じですね。

生まれつき、脳を冷静にさせるためのセロトニンの分泌量が少なく、すぐに興奮してしまうので早漏になってしまっているということです。

元から、緊張、興奮しやすい体質だということです

早漏は生まれつきだから克服は不可能?

早漏は遺伝が関係しているというこを知ると「やっぱり早漏は遺伝なんだ・・・。」「治すのは無理なんだ・・・。」と絶望的な気持ちになってしまいそうですが、全くその必要はないですね。

むしろ、早漏の原因が判明されたので、克服するための時間が短縮されたと言えます。

生まれつき人より興奮しやすい体質なのだから、冷静になるトレーニングをすればいいのです。
脳を冷静、落ち着かせるカギはセロトニンという物質です。

要するに、生まれつきセロトニンの分泌が少ないのだから、セロトニンの分泌を増やせばいいということになります

あまり良くない対策方法

こうなると、塗り薬やスプレー、極厚コンドームがほとんど効果がない理由も分かりましたね。

セロトニンの分泌に問題があるのに、ペニスに刺激対策物を施しても効果がないのは当然です。

次に早漏を防止するのに有名なのが、SSRIなどの抗うつ剤ですね。

こういった薬はセロトニンの分泌量を増やす作用があるので、早漏を防止するために飲むのは理にかなってはいますが、所詮は薬。

常時、使用していると薬剤耐性により効きづらくなってきます。
人間の身体の構造上、薬が効きづらくなってしまうのは当然です。

オマケにSSRI系の薬はおう吐や下痢、気分が落ち込むなどの副作用が半端ではないので安易に使用するのはかなり危険です。

こういった副作用がなければどんどん飲みましょうって話なんですけどね。

それに、ランニングコストもかかります。
そういった理由から、個人的に薬はオススメできません。

セロトニン分泌にオススメの方法

そこで僕が先ず一つ目にオススメするのが、リズム運動です。

リズム運動は、何の副作用もなくセロトニンを分泌させる作用があるので、常日ごろから行う癖をつけておくのが良いと思います。

次に、座禅・瞑想ですね。
これも医学的にセロトニンが分泌される作用があると証明されているので、ぜひ試してみてください。

深呼吸のワンランク上の効果を持っています。

深呼吸をすると、ある程度気持ちが落ち着きますよね?その落ち着いたときの感覚が、座禅・瞑想で継続されると言った感じです。

次に、興奮の原因を掴むことですね。
自分は一体、何に興奮しているのか?掴むことによって冷静になれたりします。

SEXを第三者的な目線で見るのです。
簡単に言えば、幽体離脱して、隣で自分のSEXを見る感覚です。

そうすれば、「ああ、俺こういうときにこういった感じで興奮しているな」ということが分かります。

早漏の人は、どっぷり自分の世界に入り込んでしまっている傾向があるので、客観的に観ることを意識してください。

最後に、早漏マニュアル教材ですね。
商材は、最短のルートで早漏を克服する方法を教えてくれます。

何か月、何年も時間をかけたくないのなら、ぜひどうぞ。

 

 

早漏改善に役立つサプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

ヴィトックス早漏文 ヴィトックス早漏文2

公式ページはこちら↓ VITOX-α

早漏丸によるヴィトックスα体験談はこちら

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ