早漏だと女の子が生まれやすいという説は間違い?

148711-291x300

こんにちは、早漏丸です。

「早漏だと女の子が生まれやすい」なんて言われますが、実際どうなのか?答えます。

X精子とY精子

貴方は、X精子とY精子というものをご存知ですか?

X精子は女の子が生まれる精子で、Y精子は男の子が生まれる精子だと言われています。

女性の膣は、普段は菌から守るために酸性で保たれているのですが、女性の愛液の量が多かったり、オーガズムに達したりすると、女性の膣内がアルカリ性になると言われています。

X精子は酸性に強く、Y精子は酸性に弱いため、女性があまり快感を感じていない場合は酸性に弱いY精子は死滅してしまうことから、X精子だけが残り、女の子が生まれやすいという理屈ですね。

膣の奥に行けば行くほどアルカリ性の濃度が高くなってくるとも言われています。

ただ、Y精子の方がX精子の2倍くらい多く、精子の濃い方がY精子の方が多かったり、排卵日が近づくにつれて膣内は中性になるということです。

さらに、Y精子はX精子に比べて運動能力が高く、卵子に到着するスピードが早いらしいので、そこらへんでまた変わってきます。

そういった理屈を利用し、男の子を生むか?女の子を生むか?決めることを産み分けと言います。

これらの方法や、もっと細かい産み分け方法を全てクリアして行えば、ある程度、男の子か女の子、どちらが生まれるか、確率が偏るかと思います。

しかしながら、早漏であろうと、巨チンがしっかり膣の奥にチンコを挿入して濃い精子を射精すれば、膣の奥の方がアルカリ性が強いので男の子が生まれるということになりますし、排卵日が近くて膣内が中性だったり、オーガズムを感じさせて膣内をアルカリ性にしてもその日の男性の身体の調子でX精子が多かったりすると女の子が生まれると思いますし難しい所ですね。

早漏だと、女性の膣内が酸性のまま射精することになるから女の子が生まれやすいというのは理にかなっている感じはしますが、その女性が感じやすく、すぐに膣内がアルカリ性になったり、身体の調子の関係や、男性の射精の勢いなどでも変わってくるので、中々分からないんじゃないかな?と思います。

パーコール法を利用しよう

「どうしても1番目は男の子、2番目は女の子を生みたいんだ」という場合は、産婦人科でパーコール法を受けると良いでしょう。

パーコール法は、X精子とY精子に分けることが出来ます。
よって、男の子を生むか?女の子を生むか?決めることが出来るというわけですね。

ただこれも100%ではありませんし、産婦人科によると扱っていない所もあるので注意が必要です。

早漏改善に役立つサプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

ヴィトックス早漏文 ヴィトックス早漏文2

公式ページはこちら↓ VITOX-α

早漏丸によるヴィトックスα体験談はこちら

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ