刺激に弱い体質の人に、早漏が多い?

こんにちは、早漏丸です。

質問に答えます。

Q.質問です。早漏の人は、注射うたれたりとか、冷風に吹かれたりしときに、すぐ体調に変化が起きると思います。
単にチンコだけの問題ではなく、身体が刺激に対して弱い人が多いような印象を受けます。

そんな私も早漏なのですが、肌や皮膚が弱く、外からの刺激に対して疲れ、ストレスを感じやすいです。

どうなのでしょうか?

敏感な可能性はあるが・・・

質問者さんのように、身体が刺激に対して弱い人は、チンコの皮膚も弱いかもしれません。

チンコの皮膚が弱いと、すぐあかぎれしたり、生の亀頭がパンツに擦れるだけで痛かったり、すぐ炎症を起こしたりします。

ただ、早漏とはあまり関係がない可能性が高いです。
何故なら、身体は刺激に対して弱くなくても、早漏の人はたくさんいるからです。

以前の僕も早漏でしたが、特別、身体が刺激に弱いとは思ったことはありません。

これは、早漏の人に猫舌が多いという考えと似ています。
くわしくはこちら

ただ、疲れやストレスを感じやすい人に、早漏が多いのは、一理あります。

疲れやストレスを感じている時と言うのは、セロトニンという、気持ちが落ちつくために必要な物質が不足している状態です。

質問者さんは疲れやストレスを感じやすいとのことなので、元々、セロトニンの分泌量が少ない体質なのだと思います。

このセロトニンの分泌が少ないと、冷静になることができないのですぐ興奮したり、緊張したりします。
なのでこういった人は、SEX時でも早漏やEDになってしまう可能性があるんですね。

なので、普段から疲れやストレスをためすぎないように、休みの日などは自分だけの時間をつくったりしてストレスを解消したり、セロトニンを分泌させる癖をつけてください。

セロトニンを分泌させる方法はこちら

そして、体調が悪い人に、早漏が多いのは、確かです。

不健康な人は、筋肉が衰えている傾向にあるので、早漏れしがちです。

これを俗に、衰弱性早漏と言います。

こういった風に、自分の早漏の原因を見極めて、治していくのがいいですね!

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ