ダポキセチンやシルデナフィルはどれだけ摂取すれば効くの?【SSRIの解説】

cats

質問

こんにちは、早漏丸です。
質問に答えます。

Q.質問です。早漏防止薬が効きません。
おすすめの早漏防止薬はありますか?

早漏防止薬はなぜ早漏に効くのか?

早漏に悩む男性で、薬の服用を試したことがある、もしくは試してみようと思う方ならだれでも知っているかもしれませんが、SSRIという抗うつ剤は早漏に効くと言われています。

このSSRIは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬という名称で、脳内で分泌されたセロトニンをそのままにしておく作用があります。

セロトニンとは?

簡単に言えば、本来なら消えてしまうセロトニンを消さずに脳内においておけるということです。
そうしているうちに、また別の新しいセロトニンが分泌されるので、セロトニンは増える一方ですよね?

そういう作用があるので、SSRIは早漏に効くと言われているのです。
そして、そのSSRIという抗うつ剤をもっと早漏防止のために改良したのがプリリジーやポゼット、スーパーカマグラ。スーパーPフォースなどといった早漏防止薬です。

これらは全て、ダポキセチン(ダポキサティン)という成分が含まれていて、脳内のセロトニンの分泌量を助ける作用があるので、早漏に効くのです。

薬自体、オススメできない

「薬が効かない」と言うのなら、薬の量を増やすという策もありますが、正直やめておいた方が良いでしょう。

個人的には、薬を飲むこと自体、オススメしません。

初めは効いても飲んでいくうちに効かなくなります。
これは薬剤耐性という人間の身体の性質上、そうなっているのです。

さらに副作用も半端ではありません
早漏防止薬も、ED治療薬も、飲めば飲むほど吐き気やめまいなどの副作用が強くなっていきます。

飲みすぎるとかなり身体に悪いです。
そのうえ薬に頼ってばかりいると、いつまでも早漏を克服することができない身体につくりあげられていくので、個人的にはどの薬もおすすめできません。

体質によってことなる

薬をどれだけ飲むと効くのか?と言うのは、ズバリ、人によって違います

同時に、副作用の効果も人によって異なります。

一般的に、薬は体重によって使用量が異なりますが、体重以外にも、その人の体質によって大幅に変わります。

例えば、肝臓が悪い人だったり、腎臓の調子が良くない人は、中々、摂取した薬が分解されないので、量に気を付ける必要があります。

他にも、摂取する薬の成分にアレルギーを持っているかどうか?などでも変わってきますよね。

日本人と欧米人では、1回の薬の摂取量が全く違うのはご存知ですか?

食べ物の量や、脂質を摂取している量も違いますよね。

それと同時に、日本人と欧米人では薬の摂取量も違うのです。
欧米人の薬の摂取量は、日本人の、およそ倍以上です。

体格を見れば自分達とは違う物を食べているということが、すぐに分かりますよね。
元々の細胞も違います。

そういった理由から、「どの薬を何錠飲めば効く」というのは断定することが出来ません。

どうしても飲みたいのなら、薬を1/4、または1/2に割って少しずつ増やしていくのが良いのではないでしょうか?

「薬に頼りたい」というのならかまいませんが、早漏を根本的に克服するという目的からは遠回りの形になってしまいます。

何故なら、早漏は、薬やスプレーなどの道具を一切使用せずとも治るものだからです。

射精をコントロールすることができさえすれば、早漏は克服できるのです。

根本的に解決する方法は、存在します。
そちらに目を向けてみるのも手ですよ。

 

 

早漏改善に役立つサプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

ヴィトックス早漏文 ヴィトックス早漏文2

公式ページはこちら↓ VITOX-α

早漏丸によるヴィトックスα体験談はこちら

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ