ポリネシアンセックスで早漏改善!?

はーと

早漏対策にポリネシアンセックスは有効か!?

今日も、早漏克服に活用できるものはないか?と、色々探していたところ、興味深いセックス方法を見つけました。

その名もポリネシアンセックス

ポリネシアンセックスとは、約5日程度を目安とし、初めの4日間程度は挿入せず、5日に1回だけ挿入するといったものです。

初めの4日程度は約1時間の性器以外の愛撫や抱擁、キス、身体の絡ませる、喋り合う、などで済ませます。

簡単に言えば、約1時間程度、イチャイチャしあうということです。

最終日は散々イチャイチャしたあとに挿入します。

しかし、30分は挿入したまま動かさず、そのまま抱き合ったり、キスしたり、身体を絡ませるだけにとどめます。

約4日もの間、イチャイチャしたとなると最終日に挿入した際、たまりにたまった性欲が爆発して一瞬で射精してしまうのでは?

と、考えてしまうかもしれませんが、長時間イチャイチしあい、感じあうことによってよりいっそうお互いに理解が深まり、興奮はしているものの、脳内がリラックス状態になります。

なので案外、長いピストンが可能になります。

長時間の愛撫や抱擁で愛し合うことは、お互いの波長を合わせ、シンクロ状態にしてくれます。

長時間の肌の密着は、絆ホルモンというものを分泌させて互いの愛情を高めると、医学的に証明されています。

そうなれば、いつものような「また早くイって嫌われたらどうしよう」という感覚がなくなり、冷静に、気持ちのいいピストンを行うことができます。

自分の世界に入り込みすぎて勝手に射精することもなくなり、無意味な緊張もほぐれます。

さらに女性は、徐々に興奮する体質なことがほとんどなので、このポリネシアンセックスはかなり有効です。

普段なら即射精して女性も微妙な顔をして互いに満足のいかない雰囲気で終わっていたセックスが、このポリネシアンセックスをすることによって深い絆が生まれ、心も身体も満たされることでしょう。

ポリネシアンセックスの弱点

ただ、このセックスの弱点を上げるとするならば

・激しいセックスが好きな女性には不向き
・愛撫の時点で射精してしまう男性には不可能
・慣れていないとよくわからない
.そもそも恋人や夫婦等、何度も関係がある人でないと効果がない!

ですね。

1回や2回、実践したところで満足のいくセックスはできないかもしれません。
 
愛撫の時点で射精してしまう超早漏の人はこちらを参考にしてください。

相手の女性が激しいセックスを求めるようなタイプでないのなら、このポリネシアンセックスを試してみるのも一つの手ですね。

もしくは、徐々に興奮する女性の体質を考慮して、ポリネシアンセックスとまではいかなくとも、淡泊なセックスではなく、ゆっくり進めるセックスを普段から意識して行うのが良いでしょう。

早漏改善に役立つサプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

ヴィトックス早漏文 ヴィトックス早漏文2

VITOX-α

早漏丸によるヴィトックスα体験談はこちら

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

サブコンテンツ

このページの先頭へ