早漏を防ぐための呼吸法とは!

%e3%81%93%e3%81%8d%e3%82%85%e3%81%86

呼吸法は大事

早漏を防止する方法として、「呼吸法」というものが存在するのは皆さんご存知ではないでしょうか?
この呼吸法というものは、うさん臭いものではなく、正しい方法で行えば、持続時間は確実に伸ばすことが出来ます。

そこで、今回は早漏れを防ぐ呼吸法を紹介したいと思います

何故、呼吸法に早漏を防ぐ効果があるのか?

呼吸に何故、早漏防止の効果があるのか疑問に思う方もいらっしゃると思います。

呼吸と言っても、浅い呼吸や深い呼吸がありますよね?
この2つのうち、早漏防止の効果があるのは深い呼吸なのです。

例えば、深呼吸
深呼吸をすると、心が落ち着きますよね?

演説などの緊張する行為をする前などは、深呼吸をすることで有名ですが、これは医学的にもリラックスする効果があることが認められています。

何故なら、深呼吸には副交感神経という心を落ち着かせる働きをする自律神経を刺激する作用があるからなのです。
だから、緊張がほぐれるのです。

早漏れの原因は、過度な緊張や興奮が原因です。
過度な緊張や興奮は、射精を促す交感神経を働かせてしまいます。

早漏に関する自律神経に関してはこちら

なので、深呼吸のようにセックス中も深い呼吸を心掛ければ確実に、持続時間を伸ばすことが出来るというわけです。

この上に、腹式呼吸だとより効果的に気持ちをリラックスさせることが出来ます。

腹式呼吸とは、横隔膜を使った呼吸で、横隔膜の影響でお腹が出るという呼吸法なのですが、これも身体をリラックスさせる効果があるのです。

腹式呼吸は息を吸ったときに腹が膨らみ、はき切ったときに腹がへこみます。

簡単なコツとしては、胸や肩などほかの部位は動かさないことですね。

逆に、胸式呼吸は交感神経を優位に働かせてしまうので、早漏の男性はセックス中に胸式呼吸を行わないようにしましょう。

胸式呼吸とは、胸の筋肉を使って一気に空気を吸う呼吸法なのですが、これをしてしまうと筋肉が固まって緊張してしまうのです

緊張して肩が上がることはありませんか?それは胸式呼吸になっている証拠なのです。

呼吸法は臨機応変に行おう

呼吸法が大事なことが理解できたことかと思います。
胸では決して吸わず、横隔膜を使った腹式呼吸を心掛け、なるべく深い呼吸をするようにしましょう。

ただ、一つ注意点を言うとするなら、セックス中に深い息ばかりついていると、相手に心配がられるということです。

例えば、バックの体位ならいくら深い呼吸をしようが、気づかれません。
しかし、正常位になるとモロで見られます。

体位によって、呼吸法の頻度を変えていきましょう。

もしくは、口呼吸でなく、鼻呼吸を行いましょう。

鼻呼吸なら、いくら深く吸っても心配がられづらいです。

鼻で息を吸いづらくない方は、鼻呼吸がベストです。

早漏改善に役立つサプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

ヴィトックス早漏文 ヴィトックス早漏文2

VITOX-α

早漏丸によるヴィトックスα体験談はこちら

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

サブコンテンツ

このページの先頭へ