クラシック系音楽で早漏改善!?極限まで心をリラックスさせよう

おんがくきくそうろう

こんにちは、早漏丸です。

クラシック音楽を聴くことによって、驚くべきリラクゼーション効果があることを知ったので、それに関して解説していきたいと思います。

クラシック音楽を聴こう

あなたは、クラシック音楽をご存知でしょうか?

モーツァルトやベートーヴェン、バッハやシューベルト辺りが有名なクラシックの作曲家ですね。

このクラシックには、リラクゼーションの効果があるとされています。

その理由として

・歌詞が無駄に含まれていない
・α波が発生する

この2つが言えます。

歌詞が無駄に含まれていない

クラシックには、無駄な歌詞が全く含まれていません。
無駄と言うと、失礼かもしれませんが、脳内のセロトニンが不足している早漏男性にとっては、歌詞が大量に含まれている邦楽を聴くことは、かえってアドレナリンを分泌させ、交感神経をビンビンに働かせることになるのです。

その理由は、どうしても歌詞の意味を探ったりしてしまうからなのです。
穏やかなクラシックは、そんなことはなく、心を極限にまでリラックスさせてくれますよ。

α波が発生する

α波という周波数は、人間が落ち着ける周波です。
クラシックには、そのα波を引き立たせる効果があるのです。

例えば、瞑想などでもα波は誘発されます。
早漏男性は、このα波を出すのが苦手なのです。

特に、セックス中はα波は出ておらず、緊張や興奮、不安といったものを感じさせるβ波が大量に出ていることでしょう。

ただβ波は、仕事中やスポーツにはとても良い周波で、危険を察知するときなどはとても役に立つのです。

ただ単に快感を感じあう、心や体が満たされるようなセックスをする場合は、必要ありません。

α波を出しましょう。

オススメのクラシック音楽

個人的にオススメのクラシックを紹介しましょう。
なんといっても、穏やかで落ち着くものが良いですね。

先ずオススメなのが、グリーグ作曲、「ペール・ギュント」の「朝」ですね。

これを朝に聴き、出勤するのは最高ですね。
とても、心が落ち着きます。

大自然の中で朝を迎えた感覚が味わえて、最高です。

次に、ショパンの「雨だれ」も良いですね。

寝そうになります。

セックス中にクラシックを流すのもありかもしれません。
セックス中なら、逆に好きな邦楽を流して気をそらすっていう方法もありますけどね、女性側から「消して」と、言われないならですけどね。

激しいクラシックは、α波は出ません

あと、クラシックといっても、激しいクラシックはα波どころか?β波が誘発されそうな気がするので、辞めておきましょう!

例えば、ヴェルディ作曲「レクイエム」の一曲である、「怒りの日」などですね。

これを聴くと逆に、早漏をバカにした彼女や、早漏がきっかけで別れを告げてきた彼女を思い出して一人でブチギレて心が憎しみいっぱいの気持ちになります。

クラシックとしておすすめではありますが、早漏を治したいなら、これは辞めておきましょう。

 

早漏改善に役立つサプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

ヴィトックス早漏文 ヴィトックス早漏文2

公式ページはこちら↓ VITOX-α

早漏丸によるヴィトックスα体験談はこちら

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ