秒単位で射精を管理できるAV男優、田淵正浩!【秘儀伝授 男ノ作法レビュー】

こんにちは、早漏丸です。
あの早漏改善のための情報商材を出したベテランAV男優、田淵正浩がAV監督の二村ヒトシと共同で本を出したということで、どんなことを書いているのか気になったのもあり、購入してみました。

今回は、田淵正浩×二村ヒトシによる秘儀伝授 男ノ作法の内容や、早漏改善に役立ちそうなことが書いていれば紹介しておこうかなと思います。

田淵正浩という男の紹介

田淵正浩のことを知らない方は結構多いのではないでしょうか?
AVでたまに観るくらいですよね。と言っても、AVを観るときは男優の顔なんてみないので、知らない方の方が圧倒的に多いと思います。

ただこの田淵正浩、AV女優にはかなり人気なようです。
というのも、SEX時の女優の扱いがとてもうまいとのこと。

例えば、若い男優だとガンガン突かないと中折れしていまうらしいのですが、田淵正浩はガンガン突かずとも、中折れしないうえに、女性が感じる部分を縦横無尽に突けるみたいです。

秒単位で射精をコントロールできる男、田淵正浩

田淵正浩が秒単位で射精をコントロールすることができる理由が述べられていますね。
SEX面は、やはりベテランというだけあって、いつでも勃起することができ、好きなときにイクことが出来るらしいです。

田淵正浩も元々は早漏で、歳をとった今でも早漏は治っていないと言います。
しかし、無数のSEXスキルを習得し、ほぼ完ぺきに射精をコントロールすることが出来るようになったようです。

AV監督の二村ヒトシによると、「30秒後に射精してください」と田淵正浩に指示すると、しっかり30秒後に射精することが出来るとのこと。

超人のようですね。

ただ、田淵正浩も元々は早漏でSEXも下手。
インパクトが強い加藤鷹やチョコボール向井によって影は薄かったものの、今ではAV女優からの評価も高く、ピストンや射精コントロールも自由自在のベテラン男優。

何より、田淵正浩の射精コントロール方法やSEXテクニックは、加藤鷹やチョコボール向井と違って、「誰でもできるようになる」「田淵正浩のコピーはいくらでも作れる」といいます。

誰でもなれるってのは、かなり大きいポイントですね。

女性を感じさせる方法がたくさん書かれている

この本には、セックステクニックが豊富に述べられていますね。

例えば、

・立って抱くことの重要性
・チクビの色と大きさで愛撫の力加減をコントロールする方法
・身体を見ただけでイッているかどうか?判断する方法
・業務的に思われない方法
・SEX時の女性の下着の扱い方
・体位について
・後戯の大切さについて

などですね。
他にもありますが、こんな感じです。

立って抱くことの重要性

田淵正浩は、SEXするとき、いきなり押し倒すのではなく、「これから君と僕はSEXをして気持ちよくなるんだよ」という目的を相手に、明確に伝えるべきだと言います。

なので最初はいきなり身体をべたべた触りだすのではなく、しばらく抱き合うのがオススメとのこと。
何故、立って抱き合うのかと言うと、そこから両手で軽く、首筋や背中、腰を愛撫できるからだそうです。

要は順序が大事といったところでしょうか。

チクビの色と大きさで愛撫の力加減をコントロールする方法

チクビにもたくさん種類がありますよね。
なんと、その色や大きさで、愛撫の力加減をコントロールすると、よりいっそう気持ちよくさせることができるみたいです。

例えば、明るい色ならソフトに。
黒に近ければ、多少強めでも良いそうです。

これはチンコもおんなじかもしれませんね!
男性で超敏感な方は、肌色のチンコをしている傾向にあるのではないでしょうか?

身体を見ただけでイっているかどうか?判断する方法

相手の女性がセックス中、本当にイッているかどうか?を見極めるには、相手の腹筋を見ると言いそうです。
例えば、お腹の底から笑うと腹筋が動くように、イクときも腹筋が動くみたいですねぇ。

これで演技かどうか?見極めることが出来ますね。

業務的に思われない方法

業務的にセックスを進めていないと思われないようにする方法として田淵正浩は、いきなりクリトリスへいかないことを勧めます。

気持ちいいのが当たり前な部分をいきなり触るということは、順序をすっ飛ばして、すぐに終わりにしようとしていることになるとのこと。
他の部分を軽く触り、徐々にクリトリスに近づいていくのが良いということですね。

SEX時の女性の下着の扱い方

デートの際、女性は高価な下着を履いてくるのがほとんどだから、それ相応の扱いをするのが、妥当と言います。
とは言え、たたむまではやりすぎで、丁寧にブラとパンツを脱がすのが良いとのこと。

体位について

田淵正浩は、「田淵式側位」というオリジナルの体位をオススメします。
方法は、女性を横に寝かせ、自分は正座のように上体を起こした姿勢になり、挿入するとのこと。

それだと、入り口付近を刺激するか?奥を刺激するか?など自由に刺激する部分を決めることが出来るだけでなく、疲れづらいので、10分は簡単に腰をふれるとのこと。

また、田淵式側位は短小の男性にもオススメのようです。
この記事でも述べられていますね。

後戯の大切さについて

後戯をどうするか?が、男の見せどころと言います。
例えば、男性の興奮曲線は射精後に急落下しますが、女性はゆったりと描きます。

詳しい曲線グラフに関しては、この商材でも言われていましたねぇ。
男性と女性は、その点が全く異なるので、たしかにいきなりシャワーとか浴びに行かないようにした方が良いでしょう。

鼻呼吸の大切さを語る

田淵正浩は、鼻呼吸の重要性を細かく語ります。
鼻呼吸の大切さに関しては、この商材でも述べられていました。

鼻呼吸は身体の健康や脳の働きにも良いし、SEXでの持続力もアップすると、田淵正浩はよく言ってます。
逆に、口呼吸だと頭が悪そうに見えるし、物欲しげな感じだし、射精コントロールにも良くないとのこと。

口呼吸は風邪をひきやすいとも言いますしね。

田淵正浩の射精コントロール法には「鼻呼吸」が深く関わっている

序盤で述べた通り、田淵正浩は射精を秒単位でコントロールできるらしいのですが、それには鼻呼吸が深く関係しているようです。

AVの撮影中、「30秒後に射精して」という指示が出ると、そこから鼻呼吸を止め、一気に口呼吸をして相手の目を見て興奮状態をMAXにし、射精するとのこと。

口呼吸をすることによって、アナルから尿道まで全身、全てが緩み、射精に至るようです。
スマートなフィニッシュには、鼻呼吸→口呼吸の切り替えが大切そうですね。

耳元への鼻呼吸愛撫

また、田淵正浩は、キスのあとは耳元への鼻呼吸愛撫というセックステクニックを推奨します。
口だと、口の中が乾いて臭くなる可能性があるからだそう。

コツは、音を立てずに息をかけることのこと。
フンッフンッと音を立てても気味が悪いだけだかららしいですね。

例えるなら早漏男性は競争馬!

そして、田淵正浩がAV監督から「○○秒後に射精して」と指示されると、鼻呼吸から口呼吸に切り替えると同時に、一気に視野を狭くするそうです。

例えるなら、競争馬。
競争馬は、視野が狭いですよね?一点集中しています。

指示が出るまでは、現場のさまざまなものに意識を張り巡らせているが、指示が出た直後から「この子、かわいいな~」と言った風に、女優に意識を向けるとのこと。

視野角で言えば、射精の指示が出るまでは200度。
射精の指示が出てからは10度に狭めるらしいです。

自分のチンコに意識を向けるのではなく、女優、言うなれば「自分の脳」に意識を向けるというわけですね。
さすがベテランといったところでしょう。

裏を返せば早漏の方は、SEXが始まったとき、あるいはホテルに入ったときからすでに競走馬のように視野が狭く、女の子に意識が集中しすぎていると言えるのではないでしょうか?

遅漏のメカニズムが述べられている

僕たち、早漏が知りたくてたまらない「遅漏のメカニズム」が書かれています。
「遅漏になれたら、どれだけ良いだろう」「何分もイカずにすむなんて、才能としか思えない」こう考えたこともありますよね。

田淵正浩が言うには、遅漏の人は、「普段から刺激の強いオナニーをしていることが原因」だと言います。

「遅漏の人はオナニー時、利き手のグリップが強く、それが自分にとって最高のおまんこになっている。」
と、述べています。

なるほど、と言ったところですね。
オナニーで使用する利き手の握り具合が強ければ強いほど、それに慣れてしまい、女性の膣の締り程度ではイケなくなってしまっていると考えているようです。

また、「床オナニーをすると遅漏になる」なんていうのも良く言われていますが、あれも床の刺激が強いために、女性の膣の圧力では射精できなくなっている、ということですね。

なら逆に、早漏の方はなるべく強いグリップや、オナホールで日々、鍛錬すれば、持続力がアップするかもしれませんね。

早漏を気にするなら、睡眠は必要不可欠!

寝不足だと、感情をうまくコントロールできないし、勃起力も低下し、元気もなくなるので、忙しくても1日、最低6時間は睡眠をとったほうが良いと言います。

これは、僕も同意見ですね。寝ないと何もやる気が起きませんし、なにか作業に取り組んでも失敗する確率が高いです。
実際、寝不足で疲れていると、Hの時もすぐ勃起はするものの、すぐ射精してしまうという経験が何度かありました。

そのうえ、眠いので後戯がおろそかになり、だめでした。

田淵正浩も、疲れマラというものはあるが、しょせんはその時すぐに勃起するだけで、即効で中折れするか?射精してしまうので使い物にならないと言います。

ただ、「想念」というものをコントロールすると、少ない睡眠時間でも射精をコントロールできると言います。
田淵正浩の言う想念とは、「自己暗示」のこと。

脳に、「自分は3時間の睡眠で十分なんだ」と言い聞かせることによって、短時間の睡眠でもやれると言います。
ただこれは、頻繁に使うと身体によくないので、たまに使うくらいが良いみたいですね。

ためになった

過去に購入した早漏改善商材と同じようなことばかり述べられているんだろうななんて思っていましたが、全然そんなことはなく、むしろ得れるものが多かったです。

例えば、SEXテクニックもそうですが、早漏の例えが競走馬であったり、鼻呼吸から口呼吸の切り替えで一気に射精へ導くなど、分かりやすかったです。
あとはやっぱり、健康に関しての知識が豊富ですね。

ただ、内容が膨大過ぎて覚えきれないですし、読むだけで身につけるということは先ず不可能でしょう。
1つずつ実践し、習得していくことが、持続力アップやSEXスキルの向上につながると思います。

セックステクニックなんかよりもまずは早漏を改善したいっていう人には、別で作られた早漏改善商材が良いと思います。

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ