【危険度MAX】亀頭冠焼却術という早漏治療法!

世の中には様々な早漏改善法がありますが、自分の早漏のタイプに合っていない改善法であったり、重度な早漏だとなかなかすぐには早漏を治すことはできませんよね。

そこで「どうしても治らない」という方に存在するのが早漏治療の手術です。

今回はそんな早漏治療の手術で亀頭冠焼却術という珍しい治療法を発見したので、これについてお伝えします。

亀頭冠焼却術とは

亀頭冠焼却術とは、亀頭のカリ部分を焼却する手術です。

亀頭はペニスの中でも特に敏感な部位なので、焼き取ってしまおうという治療法ですね。

これを受ければ早漏とはおさらばです。今すぐに受けましょう!・・・とはなりませんね(汗)
正直言うと、こんな手術、誰が受けるんだと思っちゃいました。

確かに亀頭のカリ首はペニスの中でも敏感な部位なので、早漏を治すということだけを考えれば焼き払うのは理にかなってる気はしますが、男の大事な部分を焼くことなんて出来ますかね。

カリ首がなくなると、亀頭が先細って見た目的にも不自然になるでしょうし、女性にもなんか言われそうです。
焼却ということなので、焦げた跡もつきそうですし、もし早漏を克服できたとしてもまた新たなコンプレックスができてしまいそうですね。

費用も特に安くありませんし、費用対効果が悪い治療法だなと個人的に思いました。

早漏の悩みは深いですが、男のシンボルを焼き払ってしまっては本末転倒。
この手術は個人的には「無し」ですね。

過度に悩みすぎてしまっている方は特に注意!

怖いのは、早漏で悩みすぎてしまっている方です。
早漏で悩みすぎると、「もう嫌だ、こんな人生」「こんな敏感なチンコ、焼き払ってしまいたい」なんていう気持ちになってしまうことがあります。

しかし、そういった方こそ1度、冷静になってこんな手術を受けないようにして欲しいところですね。

人間は悩みやストレスを抱え込みすぎると、ロクに考えることもできなくなります。

そして、最悪、こういったヤバイ手術に藁にもすがる思いで手を出してしまうのです。当時、早漏に悩み続けていた僕ならもしかすると受けていたかもしれません。

おそらく受けた後は、後悔の気持ちで満ち溢れ、落ち込みます。
いくら落ち込んでも、焼き払った亀頭はもう2度と元に戻ってきません。

そんなことになると最悪の場合、自ら命を絶つなんてことも考えられますね・・・。
そりゃそうでしょう、大切な自分のチンコの一部を失ってしまっては、早漏が治ったところで何の意味もなさない。

そうならないためにも、引っ掛からないようにして下さい。

それならまだ、亀頭にヒアルロン酸を注入した方が良いと思います。

ヒアルロン酸を亀頭に注入するくらいなら、見た目に支障はきたしませんからね。って言っても、しっかりとしたクリニック限定ですよ。変なクリニックは訳の分からない薬剤を注入してきたり、へたくそな注射の仕方をしてくるので。

もしくは、裏筋を切除するか?ですね。

早漏を治す手術法「包皮小帯切除術」について解説!

裏筋がなくなるというデメリットがありますが、見た目で言えば、カリ首を焼くよりはまだマシです。

早漏を治したい方はサプリメントをオススメします。

お金と時間は捨てることになりますが、徐々に治していくことが出来ます。

ちなみに、僕も試しました↓

早漏改善サプリメント「ヴィトックスα」を飲んでみた!【ガチレビュー】

もしくは、一生懸命トレーニングして持続時間を上げていくか?ですね。
場合によれば1~3か月くらいかかる方もいらっしゃるようですが、AV男優のトレーニング方法をしっかりと学び取れば確実に持続時間はアップします。

↓これですね。

現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策は効果抜群!?【レビュー】

早漏を治す方法はたくさん揃っているので、最悪の事態だけは避けて頑張りましょう!

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ