早漏を治す手術法「包皮小帯切除術」について解説!

今回は、手術の方法の1つである、「包皮小帯切除法」についてお伝えします。

裏筋を切る!包皮小帯切除術

早漏は軽いものなら経験次第で治りますが、経験や慣れではどうにもならない早漏のタイプの方もいることでしょう。

そういった方は包皮小帯切除術を受けると良いかもしれません。

チンコに麻酔をうって、裏筋をメスで切り取るという簡単な手術です。

一見、裏筋を切除したところでどうにもならないような感じがしますが、実は裏筋はペニスの中でも特に感じる部分とされています。

試しに擦ってみてください、気持ちいいと思います。

女の子にチンコの裏を舐められてゾクッとするのは、この裏筋が原因です。

特にチンコの裏の部分が弱い方は、裏筋の存在によって早漏を引き起こしている可能性大なのです。

そこでとっておきの手術となるのが、「包皮小帯切除術」だというわけです。

手術時間は約10分と比較的短め

包皮小帯切除術は、チンコに麻酔を打って裏筋を切るだけなので、手術の割にはあまり時間がかかりません。
サクッとやってもらえるので、失敗の確率もほぼないに等しいでしょう。

手術費用は5万~10万円

包皮小帯切除術を扱うクリニックの費用を比較してみましょう。

札幌中央クリニック 100000円~
メンズサポートクリニック 50000円
船橋中央クリニック 100000円

包皮小帯の切除は保険適用外の手術となるので、軽く数万かかります。

自分では決して切ってはいけない

「医者にやってもらわなくても自分でハサミで切るよ」なんて思った方もいるかもしれません。
しかし、それは絶対に止めておきましょう。

素人が裏筋を切ると、激痛が走り大量に出血する可能性があります。
それですんだらまだしも、間違った神経の部分を切ってしまい、痛みを常に感じてしまうことになる可能性もあるので、そこらへんはプロの医者に任せておいたほうが身のためでしょう。

詳細↓

早漏克服のために裏筋を切るのは?

包皮小帯を切除した方の感想

裏筋の切除は、包茎手術でも行われているようです。
包茎手術では、チンコの皮と一緒に裏筋も切られるみたいですね。

手術後は、内板と包皮小帯がなくなったせいか
以前と比べ、何となく感度が鈍ったような感じがします。

参考:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14105371214

ネットではこのように、包皮小帯を切ったことにより、「感度が鈍くなった」「元に戻したい」と嘆いている方は少なくありません。

意味のない場合もあり

逆に、裏筋が特に感じないと言った方は、なんの意味もない手術になる可能性があります。
意味がないどころか、裏筋を失ったことによる喪失感を感じたり、見た目的に不自然になるだけといった不祥事も起こりえますね。

手術は最終手段です

ただ、包皮小帯切除術はあくまでも最終手段。

ありとあらゆる早漏改善法を試してもダメだった場合のみ、検討してください。

包皮小帯を切除するということは、今までの快感の感覚が失われるということと似たようなものです。

「感度が鈍くなった」「裏筋を返して」と後悔しても、時すでに遅し。

2度と今までの快感は戻ってくることはありません。

なので、包皮小帯切除術をご検討の方は、そこらへんに気をつけてください。

まだ、色々と試さずに手術をお考えの方は、先ず色んな方法を試してください。

例えば、プロによるトレーニング法であったり、サプリメントです。

これらはリスク0で始めることが出来ますからね。

ちなみにかつては早漏に悩み続けていた早漏丸も、サプリメントやトレーニングだけで改善できたわけですから、まだまだ自力で治すことを諦める必要はないと思います。

お互い、頑張りましょう!

 

早漏改善に役立つサプリメント「ヴィトックスα」

VITOX-α

ヴィトックス早漏文 ヴィトックス早漏文2

公式ページはこちら↓ VITOX-α

早漏丸によるヴィトックスα体験談はこちら

管理人、早漏丸がオススメする早漏を治すための商材(教材)、DVD!

このページの先頭へ